ロコリンの雑記

アニメ大好きニートのロコリンのブログ。2015年卒(修士)の社会人。学生時代(2010年)から続けてるブログなのでエントリによっては学生ブログと社会人ブログになっています。時系列から察して。
 
 
このブログについて
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

ロコリン

Author:ロコリン
2018年5月だけニート(6月から会社員)。2015年3月まで大学院生でした。
趣味:アニメ/Twitter/ゲーム/ニコ動
今(2015年2月更新):プリキュア/プリパラ/アイカツ/ごちうさ/艦これ

外部リンク
Twitter

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inkscape 0.48.4 で LaTeX の数式を入れるには 

今卒論書いてます.句読点を「。、」から「.,」にしているあたりお察しください.

作図する上で図中に数式を挿入したい人って多いと思うのですが.どう?

あと,作図ではペイントソフト (ビットマップ編集ソフト) よりドローソフト (ベクトル画像編集ソフト) を使ったほうがいいですよ.ビットマップは解像度に限界があり,印刷時に汚くなる恐れがあります.一方,ベクトル画像はいくらでも伸縮自在ですので,印刷してもきれいです.

ということで,どんなドローソフトを使ってますか? 私は Inkscape を使っています (#ステマ).無料です (#ステマじゃない).

しかしながら,Inkscape 0.48.4 で LaTeX の数式を入力しようとするとうまくいきません.メニューバーの [エクステンション(N)]→[レンダリング]→[LaTeX 数式...] を実行しても正しく数式を描画できません.

そこで,TeXText を使います.これのインストールは手間がかかるので頑張ってください.

1 TeXText のインストール

1.1 前準備

その前に,LaTeX をインストールしている (PATH を通している) ことが前提です.Linux を使っている人は texlive とか ptex-bin とかインストールしとけばいいんじゃないですか? (#適当) Windows の人は,それはそれはそれだけで別の記事を用意しないといけないので割愛します (Wiki を参照).

次に pstoedit をインストールし,PATH を通します.Windows の人は「binary for Windows」をダウンロードしてください.

1.2 TeXText を入れる

では,TeXText を Inkscape に入れます.最新版の tar.gz をダウンロードしてください (Windows でも).もし Windows で tar.gz の展開方法がわからないなら 7-Zip アーカイバを使うです.

展開すると textext.py と textext.inx が出ますので,これらを次のディレクトリに入れます.

(Inkscape を入れたディレクトリ)/share/extensions

次に,textext.py の 55 行目の md5 を hashlib に置換します.

< 変更前 (L55)
import os, sys, tempfile, traceback, glob, re, md5, copy
> 変更後 (L55)
import os, sys, tempfile, traceback, glob, re, hashlib, copy
< 変更前 (L868-870)
    def __init__(self, document):
        PdfConverterBase.__init__(self, document)
        self.hash = None
> 変更後 (L868-871)
    def __init__(self, document):
        PdfConverterBase.__init__(self, document)
        self.hash = None
        USE_GTK = False
< 変更前 (L874)
        self.hash = md5.new('%s%s' % (a, kw)).hexdigest()[:8]
> 変更後 (L875)
        self.hash = hashlib.md5().update('%s%s' % (a, kw)).hexdigest()[:8]

最後に,Inkscape 内の Python にファイルを追加します.「Fixing textext on Inkscape for Windows」から site-packages.zip をダウンロードします.これを以下のディレクトリに展開します.

(Inkscape を入れたディレクトリ)/python/Lib/site-packages

2 TeXText の使い方

TeXText をインストールしたら使ってみましょう.メニューバーの [エクステンション(N)] → [TeX Text] を開きます.

最初はプリアンブルを設定しましょう.いろいろな記号やフォントを使うためには設定するべきです.テキストエディタで次のようなファイルを作ってください.(お好きにパッケージを追加しておkです.)

\usepackage{amsmath}	% align, \boldsymbol に使う
\usepackage{amssymb}	% \mathbb に使う
\usepackage{amsfonts}
\usepackage{stmaryrd}	% \llbracket, \rrbracket に使う

これを textext-preamble.txt みたいなファイル名で保存して,TeX Text のウィンドウにある Preamble file に設定します.(次回からは自動で読み込まれます.)

あとは,Text に LaTeX 形式の文書を書きます.たとえばこんな感じです.

\section{Test}

% 順序集合 $X$ の部分集合を $A \subseteq X$ とします.このとき,$A$ の上界と下界は次の集合 $U(A)$, $L(A)$ の元です.
Let $A \subseteq X$ be a subset of the ordered set $X$. Then, the upper bound and the lower bound of $A$ is an element of the following set, $U(A)$, $L(A)$:
\begin{align}
	U(A) = \left\{x \in X \mid \forall a \in A: x \ge a\right\}
\end{align}
\begin{align}
	L(A) = \left\{x \in X \mid \forall a \in A: x \le a\right\}
\end{align}
% $U(A)$, $L(A)$ が空集合でないとき,$A$ の上限 $\sup A$ と下限 $\inf A$ は次式で定義されます.
If $U(A)$, $L(A)$ are not empty sets, $\sup A$ and $\inf A$ are defined by following equations:
\begin{align}
	\sup A = \min U(A)
\end{align}
\begin{align}
	\inf A = \max L(A)
\end{align}

% (英語が苦手な学生が片言で英文を書くとこうなる.英語ガチ勢のマジレスに期待w)

OK を押すと何やら警告文が表示されますが,一応正しく描画できていることがわかります.(ただし,日本語は描画できず,空白になります.数式は正しく描画されます.)

参考文献

  1. Inkscape 0.4.8+TexText | にろきのメモ帳
  2. Fixing textext on Inkscape 0.48 « La Consign
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://rexpit.blog29.fc2.com/tb.php/97-6d3a1cec
最新記事
最新コメント
FC2カウンタ
欲しい
最近買ったもの
Amazon 検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。