ロコリンの雑記

アニメ大好き会社員のロコリンのブログ。2015年卒(修士)の社会人。学生時代(2010年)から続けてるブログなのでエントリによっては学生ブログと社会人ブログになっています。時系列から察して。
 
 
このブログについて
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

ロコリン

Author:ロコリン
2017年4月から会社員。2015年3月まで大学院生でした。
趣味:アニメ/Twitter/ゲーム
今(2015年2月更新):プリキュア/プリパラ/アイカツ/ごちうさ/艦これ

外部リンク
Twitter

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[C++] Windows での Boost 環境構築まとめ (Visual Studio 2012, MinGW) 

(書きかけ記事。随時更新予定(←ではない)。)

このブログでもバンバン Boost を使っていきますので(←結局使ってない)、利用環境構築法をまとめます。いずれこのブログエントリの内容が古くなって新しい環境で使えなくなることが予想されますが、当方には内容の更新義務はないものとします。つまり他のサイトやブログを見てください。

1 Windows で Boost

正直 Linux のパッケージ管理ツールのほうが Boost 導入の敷居は低いです。とはいえ、C++ を使う以上は意地でも Boost を使いたいものです。(←そうか?私は全然使ってないんだけど。)

大まかな導入手順は次のようになります。

  1. Boost のサイトからライブラリをダウンロードする。
  2. (ライブラリをビルドする。必須ではない。)
  3. パスを通す。

1.1 ライブラリのダウンロード

Boost の公式サイトから最新の Boost をダウンロードします。

ダウンロードしたら、HDD の好きな場所に展開します。これからずっと使っていく以上、場所は慎重に決めてください。私は D:\usr\boost に展開しました。

1.2 ビルド

Boost ライブラリのほとんどは template なので、ビルドの必要はありません。が、一部のライブラリは事前にビルドする必要があります。

ビルドの方法は Visual Studio と MinGW で異なるので解説を分けます。

1.2.1 Visual Studio 2012 でのビルド

「VS2012 の開発者コマンド プロンプト」を開きます。[スタート] → [すべてのプログラム] → [Microsoft Visual Studio 2012] → [Visual Studio Tools] → [VS2012 の開発者コマンド プロンプト] で起動してください。

起動したら、Boost を展開したディレクトリに移動します。そこで次のコマンドを実行してください。(結構時間がかかります。)

bootstrap.bat && b2.exe -j 12

結構時間がかかります。特に b2.exe は1時間くらいかかるかもしれません。でも、これでビルドは終わりです。

ちなみに、-j 12 となってるところは、並列処理のスレッド数だそうです。-j 1 だと 30分くらいかかっても、-j 12 だと 3 分でビルドが終わったからびっくりです。

1.2.1 MinGW でのビルド

【注意】私は MinGW ではビルドできてません。下のコマンドのオプションの意味も理解できてません。

コマンドプロンプトを起動して Boost を展開したディレクトリに移動します。そこで次のコマンドを自分の環境に合わせて書き換えて実行してください。

bootstrap.bat gcc && b2.exe install toolset=gcc link=static,shared threading=multi variant=debug,release runtime-link=shared -j 12

書き換えが必要な個所は「%BOOST_HOME%」と「-j 12」です。「%BOOST_HOME%」には boost のディレクトリを入力してください。「-j 12」の12の部分はビルド時の並列処理数なので、ビルドする端末の性能に合わせて変更してください。

1.3 パスを通す

実際に Boost を使うにはインクルードパスやライブラリパスを設定する必要があります。

1.3.1 Visual Studio 2012 での設定

ちょっと面倒なので別のサイトに任せます。

次のパスを追加します。(「%BOOST_HOME%」には Boost をインストールしたディレクトリを)

項目 追加するパス
インクルード ディレクトリ %BOOST_HOME%
ライブラリ ディレクトリ %BOOST_HOME%\stage\lib

cl.exe からコンパイルする場合は、環境変数に次の値を追加します。(「%BOOST_HOME%」には Boost をインストールしたディレクトリを)

変数名 追加するパス
INCLUDE %BOOST_HOME%
LIB %BOOST_HOME%\stage\lib

コンパイルする際は cl.exe /EHsc /MD ○○○.cpp とすればいいです。

1.3.2 MinGW での設定

環境変数を追加します。[スタート] → [コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] で「システム」を出します。「設定の変更」で「システムのプロパティ」を出し、「詳細設定」タブの「環境変数(N)...」ボタンをクリックします。

次の環境変数を追加します。(「%BOOST_HOME%」には Boost をインストールしたディレクトリを)

変数名 変数値
CPLUS_INCLUDE_PATH %BOOST_HOME%
LIBRARY_PATH %BOOST_HOME%\stage\lib

2 テスト

Boost 導入が完了したかテストしてみてください。次のプログラムが動けば、まぁなんとかなるでしょ大丈夫(たいじょぶだいじょぶ)

// http://d.hatena.ne.jp/rofi/20101228/1293523668 より転載
#include <iostream>
#include <boost/version.hpp>

int main() {
	std::cout << (BOOST_VERSION / 100000) << "." << (BOOST_VERSION / 100 % 1000) << "." << (BOOST_VERSION % 100) << std::endl;
	return 0;
}

参考文献

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://rexpit.blog29.fc2.com/tb.php/89-b40576a4
最新記事
最新コメント
FC2カウンタ
やりたいゲーム

艦これはやってる

神姫PROJECT かんぱに☆ガールズ オンラインゲーム ロードオブワルキューレ オンラインゲーム
欲しい
最近買ったもの
Amazon 検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。