FC2ブログ
 

ロコリンの雑記

アニメ大好き社会人のロコリンのブログ。2015年卒(修士)の社会人。学生時代(2010年)から続けてるブログなのでエントリによっては学生ブログと社会人ブログになっています。時系列から察して。
 
 
このブログについて
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

ロコリン

Author:ロコリン
2018年6月から会社員。2015年3月まで大学院生でした。
趣味:アニメ/Twitter/ゲーム/ニコ動
今(2015年2月更新):プリキュア/プリパラ/アイカツ/ごちうさ/艦これ

外部リンク
Twitter

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通自動車免許合宿より帰還 

(注意:この記事は2010年に書いた記事です。そのため、当時の普通自動車免許は、2017年以降は準中型自動車免許(5t限定)となります。)

普通自動車免許取得のために、2010年9月2日~2010年9月18日の17日間、県外へ合宿に行きました。


2010年9月2日、自動車学校に入校。

電車に200分間乗り、目的の駅に到着。すると、自動車学校の送迎バスが待っていました。

自動車学校に到着。書類などを書いた後、視力検査、運動能力検査 (超簡単) を受けました。この時点では、「思った通り、自動車免許取得はたいしたことないな。」と思っていました。

次に、適性検査を行いました。運転適性検査は、行動の速さや判断能力、性格などを計るものです。このとき、「俺は適性ないんじゃないか?...」と思いました。私は行動が遅いのです。

その後、早速、学科試験対策の授業と、運転の実技授業が行われました。学科試験の授業は教科書を中心に行われ、先生が詳しい説明を行うというものです。実技は、実際に自動車に乗って運転します。

最初、オートマチック (以下AT) 車に乗って運転しました。車の動きは速く、私は運転操作が追いつかず、ずっとパニックになっていました。「AT車でさえこんなに厳しいのに、マニュアル (以下MT) 車なんて運転できるのか?」と思いました。

授業が終わり、休み時間に入りました。この間に、次に運転するMT車の仕組みを見ました。

そして、MT車を運転しました。更に操作が複雑になったのに、車の動きは相変わらず速く、到底操作できませんでした。 (MT車なのに) 想定外の急加速したり、ブレーキは必ず急ブレーキになったりして、教官と自分の命が危なかったですorz 教官には「AT限定免許に変えることもできる。しかし、変えて後悔するかもしれないから、よく考えるように。」と助言されました。

その日の授業が全部終わり、宿泊先のホテルに行くため、送迎バスに乗りました。送迎バスに乗っている間に、自分を責め続け、涙 (と鼻水) を流しました。

ホテルに着きました。ホテルスタッフは優しいおばあさん、おばさん、おじさんで、まるで家族のように歓迎してくれました。食事も家庭的でした。ただ、いつも家でだったら食べないような漬物や野菜の料理なども、合宿では食べました。

私の部屋は2人部屋で、先に入校していた生徒がいました。その人に出身地を聞かれたのですが、そのときに、自分と相手が同じ大学の学生であることがわかりました。そのためか、すぐに馴染むことができました。相手は自分より1年年下の後輩で、大学は同じですが、学部は違いました。

2010年9月3日~2010年9月9日、仮免許試験までの授業と実技を進めました。
時間割は、1コマ50分、休憩10分の時間配分となっていました。昼休みに相当する空いた時間が60分ほどありますが、実質それは昼休みではありません。なぜならば、昼休み中に「効果測定」という模試を受けるからです。

基本的に学科の授業は出席するだけでおkです。どちらかというと、学科試験の対策は自主的に行うものであり、授業では先生がわかりやすく説明し、理解を促進するという感じです。

実技は、場内で行われ、基本的に教官と1対1で行われます。仮免許試験までの間は運転に必要な基本操作を習得するのがメインです。1対1なので、教官は生徒の弱点などを見抜き、指摘したり、場合によっては補充しました。そのためか、だんだんと運転操作を怖いと思わなくなり、最終的に運転操作が怖いとは思わなくなりました。特に、徐行 (いつでも止まれる速度で走行) することが可能になってからは、速度が遅いので、考えるための十分な時間を得ることができました。

合宿1日目で、AT限定免許に変えようかと思っていた件については、結局変更せず、MT免許 (AT車も運転できる) のままにすることにしました。

2010年9月10日午前、仮免許試験を受けました。
仮免許試験は実技試験、適正試験、学科試験の3段階となっていました。

最初は実技で、場内の決められたコースを走るというものです。100点満点で、70点以上が合格です。これは減点方式の試験で、最初は100点で、ミスをするたびに減点されます。走り終わった後、教官は生徒の走りを評価してアドバイスします。

次の適性試験は、ただの視力検査です。

最後は学科試験でした。マークシート方式で、50問の2択 (○×問題) です。合格条件は得点率90%以上 (45問以上正解) です。

無事、仮免許試験に合格しました。

2010年9月10日午後~2010年9月17日、卒業検定までの授業と実技が行われました。

相変わらず授業は基本出席するだけでおkでした。自主的に予習復習すると、授業は理解促進に繋がります。

実技は、仮免許を持っているということで、主に路上で行われました。追い越しや、路上駐車車両、路上工事などの障害物、歩行者の保護、周りの車両、軽車両への注意、悪路などが現実の交通にはあります。また、場内とは違い、直線道路ではすごい速さで走りました。場内ではサードギアすらほとんど使わないのに、路上の直線道路は基本サードギアかトップギアでした。その上、右左折では減速したり停止したりするので、セカンドギアやローギアに頻繁に変えました。自分が路上駐車するときは、路側帯か車道外側線かなども判断しないといけません。学科試験ではすらすら答えられるようなことでも、実際の運転に表すのは難しく、教官に怒られることも多かったです。

1コマだけ、シミュレーションによる実技がありました。高速道路を走行するシミュレーションでした。シミュレータ室に入室してみると、そこにはゲーセンみたいな機械がありました。それはセガのドライビングシミュレータで、操作盤はAT車でした。現実の交通と比べても、非常事態や飛び出しなどのギミックが異常に多く、忙しかったです。まあ、シミュレーションゲームだからこそ連続して経験できるんでしょうが、かなり焦りましたwww

2010年9月18日午前、卒業検定を受けました。
路上を運転する試験で、仮免許の実技試験と同じく、減点方式です。ただし、条件はより厳しく、危険行為をしたり、教官にブレーキやハンドルを操作されたりすると即アウトとなります。コースは自動車学校周辺の路上で、スタート地点・ゴール地点ともに自動車学校でした。1台の車に2~3人の生徒と教官が乗ります。コースの決められた地点に停車すると、次の生徒に交代します。1人の生徒は、前半は決められた経路を走り、後半は目的地に向かって自主経路で走ります。
私のチームは2人チームで、私は2番目に運転しました。運良く、私のコースは街中の入り組んだ所ではなく、右左折が少ない外側のコースでした。私の運転操作はいちいち遅く、車の速度が遅いだけでなく、本当に操作が遅かったです。また、ブレーキのときはクラッチペダルを踏むのが早く、エンジンブレーキを有効活用していないなど、いろいろと問題点はありました。しかし、運よく事故や迷惑行為などがなかったので、合格できました。

帰りの電車に198分間乗り、17日ぶりに自宅に帰りました。今までの合宿生活が嘘であるかのように、いつもどおり自室にこもる生活に戻りました。

免許合宿をする前は、「自動車免許なんてみんな持ってるから簡単なんだろう。」というイメージがありました。しかし、実際に免許合宿をしてみて、「自動車免許取得はすごく大変なんだ」ということを実感しました。合宿前は、自動車の操作盤はハンドルとワイパーと方向指示器 (つまり上の部分) しか知らなかった私が、今こうして操作方法がわかるのは、自動車学校のおかげです。

ただし、普通自動車免許取得にはあと1段階の作業があります。地元の交通安全協会で学科試験を受け、合格するとようやく免許取得となります。


2010年9月22日追記
今日、交通安全協会に行き、普通自動車免許を取得しました。

6時に起床し、朝食を食べました。
7時に出発し、コンビニで昼食を購入しました。
8時に交安に到着しました。
8時30分から9時までの受付で受験を申し込みました。

正確な時間は忘れましたが、9時から11時までの間のいずれかに、50分間の学科試験を受けました。
文章問題90問 (各1点) 、イラスト問題 (1設問につき3問) 5問 (1設問全問正解で2点) です。
100点満点中90点以上で合格です。
白黒はっきりする問題は簡単でしたが、そうでない問題が結構あり、不安になりました。
特に、二輪車関係の問題は、運転姿勢や、前後輪のみのブレーキの安定性の比較など、自信のない問題が多かったです。

11時20分、合格発表されました。
私は合格しました。
それからしばらくは休憩時間で、私は12時ごろに昼食を食べました。

12時55分、適性検査 (視力検査) を受けました。
合格しました。
それから30分くらいは先生による講習が、30分くらいはビデオによる講習が行われました。
事故を起こす側は刑罰程度で済みますが、事故の被害者は突然命を奪われ、二度と再生することはありません。
事故を絶対起こさないよう、運転中は運転だけに集中し、周りの情報を確実に把握し、いつまでも安全運転するようにしたいです。

その後、写真撮影して、免許の交付手数料を支払い、15時ごろに免許を入手しました。
そして帰宅しました。

運転免許とは、ただ運転できるということではなく、運転の責任を負うということだそうです。
だから、責任を負えないのであれば、運転してはいけません。

スポンサーサイト
コメント
ついに免許取れるのかw

一年前の自動車学校行ってた時が懐かしいな…。
免許取得してから10ヶ月くらい経つと
『俺って運転上手いんじゃね?』
っていう誤認識より事故になりやすくなるらしい(
らいが!さん、いらっしゃい!v-45
(らいが!さんは私のリアル友達です。)

免許取得頑張ります。
22日(水)に交安に行く予定です。

自信過剰の事故か((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
その頃になったら思い返して我に帰るようにしよう。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://rexpit.blog29.fc2.com/tb.php/25-58c8a2c6
最新記事
最新コメント
FC2カウンタ
欲しい
最近買ったもの
Amazon 検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。