FC2ブログ
 

ロコリンの雑記

アニメ大好き社会人のロコリンのブログ。2015年卒(修士)の社会人。学生時代(2010年)から続けてるブログなのでエントリによっては学生ブログと社会人ブログになっています。時系列から察して。
 
 
このブログについて
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

ロコリン

Author:ロコリン
2018年6月から会社員。2015年3月まで大学院生でした。
趣味:アニメ/Twitter/ゲーム/ニコ動
今(2015年2月更新):プリキュア/プリパラ/アイカツ/ごちうさ/艦これ

外部リンク
Twitter

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポアソン方程式の数値解法を改良 - 2010年夏休み自由研究 

昨日、ポアソン方程式の数値解法を実装したとき、2つの問題点にぶち当たりました。
しかし、今日たったの1時間改良しただけで、これらの問題は解決しました。

昨日言った通り、計算回数を指定しないで、ラプラシアンフィルタが一致するまで計算を繰り返すということをやりました。
ただ、本当に毎回ラプラシアンフィルタの一致を確かめるのでは、おそらく洒落にならないオーバヘッドになるだろうというのは誰でも予想できると思います。
そこで、これも誰でも思いつく方法ですが、調べる周期を定めて、周期に達したら両者のラプラシアンフィルタを比較するという方法をとりました。

本当にそれだけです。
なので、当然といえば当然ですが、元の画像と区別のつかない画像を得ることができました。

計算時間については、大きい画像では遅くなるのは仕方のないことです。
長い動画のエンコードに時間がかかるのと同じです。

元画像数値解画像出展
korinku.pngkorinku.pngゲーム
どうやら、元画像とポアソン方程式の数値解析解画像は、画像としてはまったく同じものになっているみたいです。
ヘッダ情報は一致しませんが、同じビットマップ編集ソフトで保存したら、まったく同じバイナリとなりました。 なので、有限領域の有限画素数の有限量子化粒度に限れば、数値解析によって正しい結果を得ることができるといえます。

ということで、昨日自分に与えた課題はもう消化しちゃいました。
もうこれを応用するだけで画像合成の機構が完成しちゃいます。
なので、ソフトウェアのオリジナリティを高めるため、将来的に GUI のエディタを作ろうかと思います。
おそらく、 GUI の勉強に一番時間がかかるのではないかと思います。
できればマルチプラットフォームにしたいですが、果たして実現するのでしょうか。


追記 (2010年8月10日16時13分頃)
一応 Windows の実行ファイルをうpしました。
「試してやってもいいよ。べ、別にあんたのためじゃないんだからねっ!」って人はダウンロードしてください。
画像ソフト (ZIP 版)
画像ソフト (7-ZIP 版)
Linux とかで実行したい人のためにもソースを公開した方がいいんでしょうけど、まだ公開できるほど心の準備ができていないんですorz

あと、プログラムを作るたびにブログの更新を毎日やるのは時間の無駄な気もします。
一回の更新で3時間くらい費やしてしまいます。
なので、適宜ブログを更新しない日も設けます。

私の夏休みの生活スタイルは、
危険物取扱者試験の勉強
ソフトウェア開発
自由時間
という感じになっているっぽいです。

2010年夏休み自由研究記事一覧

  1. ラプラシアンフィルタ完成 (2010.08.08)
  2. ポアソン方程式の数値解法を実装 (2010.08.09)
  3. ポアソン方程式の数値解法を改良 (2010.08.10)
  4. ポアソン方程式の数値解法を用いた画像合成できた (長方形領域のみ) (2010.08.11)
  5. 任意領域でのポアソン方程式の数値解法を用いた画像合成できた (2010.08.12)
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://rexpit.blog29.fc2.com/tb.php/20-d9f7300b
最新記事
最新コメント
FC2カウンタ
欲しい
最近買ったもの
Amazon 検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。