FC2ブログ
 

ロコリンの雑記

アニメ大好き社会人のロコリンのブログ。2015年卒(修士)の社会人。学生時代(2010年)から続けてるブログなのでエントリによっては学生ブログと社会人ブログになっています。時系列から察して。
 
 
このブログについて
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

ロコリン

Author:ロコリン
2018年6月から会社員。2015年3月まで大学院生でした。
趣味:アニメ/Twitter/ゲーム/ニコ動
今(2015年2月更新):プリキュア/プリパラ/アイカツ/ごちうさ/艦これ

外部リンク
Twitter

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[C84]初のコミケと初の東京旅行と初のアキバに行ってきました(2013年8月10日〜8月13日) 

コミケ

概要

日記が長くなるので概要で伝えたいことを簡単にまとめます。詳しいことを知りたかったら続きの日記を読んでください。

初のコミケ参加が夏コミとなりました。学生生活で一度も旅行などをしなかった私ですが,そろそろ自分の意志で行動することを覚えるべきだと思い,夏コミに参加することにしました。

C84 の1日目〜3日目は次のような感じでした。

  • 1日目:身動きが取れない地獄。来場者数21万人,温度53℃。
  • 2日目:身動きは不可能ではないものの灼熱地獄。来場者数21万人,温度47℃。
  • 3日目:前の2日間に比べると快適で余裕。来場者数17万人,温度42℃。

秋葉原にも寄りました。私は秋葉原が好きになりました。\(^o^)/あーきはーばらー!

事前準備

初めてのコミケなので,何をどうすればいいか全くわからない状態でした。それ以前に,参加するかどうかも曖昧でした。だって,田舎から東京に行くにはまず数万円の経費が掛かります。そこまでして旅行するものなのか疑問でした。7月29日までは授業で忙しく,コミケについては全く調べていませんでした。7月30日にようやくコミケの調べ物を開始しました。

まずは「コミケ 初心者」でググりました。いろいろなサイトでいろいろ説明されており,少しずつ知識を蓄えました。Twitter のタイムラインなどを見ても,他の人もコミケに参加しますから,そこで情報が少しずつ手に入ったりはしました。

行くと決めたのは,夜行バスと新幹線の予約をした8月1日です。もうそれで行かざるを得ない状況になりました。夜行バスは8月9日に出発し,8月10日朝に東京駅到着の日程にしました。新幹線は8月13日13時末に東京駅出発,18時地元駅到着のものにしました。

次に宿泊先を決める必要がありました。ホテルはほとんど空いておらず,また,値段が1泊万円オーダーと学生には厳しいものばかりでしたので,諦めました。代わりに,ユースホステルを探しました。すると,浅草に1泊2300円のカプセルホテルがあったのでそこを予約しました。

行くと決めた以上,コミケで失敗しないための準備をする必要がありました。

まず,夏コミは非常に熱い(≠暑い)ので,熱さ対策が必要です。また,装備も最小限かつ必要なものを用意する必要があります。なので,いくつかは地元で事前に購入し,消耗品などは現地調達することにしました。8月4日にイオンに行って次のものを買いに行きました。

  • ウェストポーチ
    素早く出し入れでき,かつ体から離れないバッグです。
  • 追加の財布
    財布は盗まれると危険なので,必ず複数用意する必要があります。私はこれで2個目の財布となりました。
  • 帽子
    日差しが強いのでへたのあるキャップを用意しました。

で,最終的に次のものを持って行くことにしました。

  • 端末
    • 携帯電話 (P-07B)
    • 携帯端末 (iPod touch 5)
    • ノート PC (MacBook Air)
    • モバイル Wi-Fi ルータ (HW-01C)
    • モバイルバッテリー (Anker Astro3E) (10000 mAh)
    • ニンテンドー 3DS
  • 充電器
    • IMT-2000 Type A-USB ケーブル (MPA-BTCFUSB/BK)
      携帯電話の充電に使います。
    • Lightning-USB ケーブル
      iPod touch の充電に使います。
    • Micro B-USB ケーブル×2本
      HW-01C とモバイルバッテリーの充電に使います。
    • USB-AC アダプタ×2個
      USB 接続の充電ケーブルをコンセントに繋いで充電するのに使います。
    • Apple 60 W MagSafe 電源アダプタ
      MacBook Air の充電に使います。
    • ニンテンドー 3DS 充電器
  • 必需品
    • 財布×2
    • 夜行バスの予約メール印刷
    • ホテルの予約メール印刷
    • 新幹線チケット
  • 服装・生活用品・その他
    • ポーチ
      肌身離さず持ち歩くものを入れます。
    • ボストンバッグ
      着替えや充電器などを入れます。
    • リュック
      コミケなどで使います。
    • 服×4着
    • ズボン×4着
    • パジャマ
      正直持ってかなくてもよかったです。
    • 下着×4セット
    • 靴下×4足
    • シェーバー
    • 買い物袋×2袋
      コミケの戦利品や飲み物などの消耗品を入れるために使います。

2013年8月9日(金曜日)

夜行バス

21時頃出発の夜行バスに乗りました。夜行バスは消灯時間には携帯端末などの光を発する機器の使用はできませんが,そうでない間(照明がついている間)は携帯端末を使えます。なので,バス出発直後に MacBook Air を開き,どのサークルを回るか,pixiv のブックマークを見て決めました。このとき,twitcamp という Web サービスが便利なので,それを活用しました。そして寝ました。

2013年8月10日(土曜日)

東京着

夜行バスが8時頃に東京駅付近のバスターミナルに到着し,いよいよ東京の地に立ちました。しかしながら,東京のことなどまったくわからず,自分がどこにいるのかもわかりませんでした。そのため,周りの人の流れに沿って歩いてみました。すると,東京駅に到着しました。まずはコインロッカーを探すため,そのまま駅内を北へ進んで行きました。東京駅北端に到着し,道路まで出たものの,よくわからなかったので駅に引き返しました。別の通路から南へ進んで行くと,ようやくコインロッカーを見つけました。着替えなどの入った荷物をロッカーに入れ,300円を投入し,鍵を閉めました。

東京駅 東京駅

まずは朝食を取らないといけなかったので,近くにコンビニがないか iPod で探しました。駅東側の道路沿いにローソンがあることがわかったので,まずは道路を渡り,南へ歩いて行きました。途中,東京ビッグサイト行き直通バスに人が並んでいるのを見つけましたが,そのまま南へ進み,ローソンで買い物をしました。

  • サンドウィッチ
  • ポカリスウェット×2
  • トッポ
  • ウェットティッシュ
  • 熱冷却シート

サンドウィッチは朝食です。ポカリスウェットと熱冷却シートは熱い(≠暑い)会場を生き抜くために必要です。トッポは携帯食兼昼食です。ウェットティッシュは手洗い用です。

朝食は買ったものの,ゴミ箱がないとゴミを捨てられません。なので,東京駅内にゴミ箱がないか探しました。しかしながら,東京駅は複雑に入り組んでいて,道も非常に長く,完全に迷子になりました。1時間ほどかけてようやく地下でゴミ箱を発見し,サンドウィッチを食しました。その後,先ほど見つけたビッグサイト行きバスに乗るために元の場所に戻ろうとしましたが,ここでも迷って1時間弱かかってようやく元の場所に戻ることができました。

東京ビッグサイト行き直通バスに乗り200円を支払いました。バスの運転手さんのアナウンスが面白かったのを覚えています。「私事ですが,私もコミケに行きたかったのですが,今日はバスの仕事が忙しく,参加できません。皆様,私の分もコミケを楽しんできてください。」といった感じです(うろ覚え)。

コミケ1日目

11時17分頃東京ビッグサイトに到着し,コミケに参加する準備をしました。熱さ(≠暑さ)対策に,おでこに熱冷却シートを貼り,帽子をかぶりました。

コミケ

準備が終わったらいよいよコミケ参加です。しかし,どこに行けばいいのかわからないので周りの人の流れに沿って歩いて行きました。ビッグサイトの逆三角形のところに着きました。そこには人の群れがありました。巨大モニターではゆゆ式の OP が大々的に流れていました。奥にコミケカタログを販売しているテントを見つけたので,私はその群れに入ることにしました。しかしながら,群れは数分に1度くらいの周期で少しずつ進み,自分の行きたい方には進めませんでした。そのため,この日はコミケカタログを入手することはできませんでした。ほとんど動かない人の群れに従って進んで行くと,私は企業ブースに到着しました。ここに着いたら人が流れるようにして動くようになったので,ある程度自分の進みたい方向に進むことができるようになりました。

コミケ

企業ブースを適当に回っていると,巨大な赤座あかりが描かれた一迅社ブースを見つけました。あかりちゃん,存在感あり過ぎやろ…。ここで全存在感を使い果たしてしまったんですね,わかります。\アッカリ〜ン/

私は一迅社ブースに並ぼうとしました。しかしながら,そこには長い行列ができていて,外には行列に並ぶための待機列がありました。私は待機列の最後尾に並びました。しばらく待っていると,スタッフの指示により一迅社の待ち行列に並ぶことができました。待ち行列から窓口に到着し,私は次のものを購入しました。

  • ふわなもり (2000円)

これを入手したら,もういいやと思い,帰ることにしました。しかしながら,帰り道がわからず,適当に歩くことにしました。

しばらく流れに沿って歩いていると,スタッフの指示でスロープから下りると早く帰れることがわかりました。そのため,スロープに進むと思われる流れに乗って進んで行きました。途中,別の企業の待機列に紛れ込みましたが,しばらくして気付き,スロープ行きの流れに復帰しました。スロープにたどり着くと流れは安定して等速になり,道路にたどり着きました。しかしながら,これからどうすれば帰れるのかわからなかったので,しばらくは流れに沿って歩いて行きました。すると,公園のような場所にたどり着きました。ここで私は昼食としてトッポを1袋食べました。その後 iPod で東京行きのバスの位置を調べたのですが,方角が分からず,私は逆方向に進みました。人の流れがあり,それに沿って進んで行くと,国際展示場駅にたどり着きました。駅にも行列ができていて,帰るのすら億劫になりそうでした。券売機で切符を購入し,13時40分頃駅のホームに立ちました。国際展示場駅からりんかい線で新木場駅に行き,そこから武蔵野線で東京駅に行きました。

宿泊1日目

東京駅のコインロッカーに預けた荷物を取り出しました。その後,宿泊先のホテルへの行き方を iPod で調べました。すると,日本橋駅から地下鉄銀座線で田原町駅に進むと安いことがわかりました。そこで,東京駅の北端から東へ進んで行き,日本橋駅があると思われる場所まで進みました。(なお,当時日本橋駅をバスと勘違いしていたことはナイショです☆)

田原町駅に着いたので,そこからホテルのある方角(北)へ進んで行きました。途中,東京スカイツリーを見つけたので写真を撮りました。

浅草

しばらく歩いていると,宿泊先のホテルを見つけました。しかしながら,チェックイン可能時刻(16時)まで時間があったので,周りを散策しました。ローソンを見つけたので,涼むために入店しました。歩き疲れていたので,次のものを購入しました。

  • チョコモナカジャンボ
  • 午後の紅茶 レモンティー

16時になるまで適当に時間を潰しました。16時になったらホテルに入り,チェックインしました。カプセルホテルなので,部屋は小さかったです。だいたい奥行きが 1.8 m くらいで,横幅と縦幅は共に 1 m くらいでした。その中に着替えやコミケの戦利品などの荷物を入れ,私も入りました。そのため,私が自由に動ける空間はさらに小さくなりました。汗をかいた状態だったので,このままでは作業しづらかったので,ホテルの風呂に入りました。1日の疲れが癒されました。

夕食を食べるため,18時頃一旦外出し,いい店がないか探しました。適当に歩いていると,学食並みにコスパがいい店を見つけました(松屋)。入店し,牛めし並(280円)を注文しました。

帰りに翌日のコミケの準備のためローソンに寄りました。

  • ポカリスウェット×2

ホテルに戻り,MacBook Air でネットを見たり,洗面所のコンセントで充電したりしました。個室にはコンセントがないので,そこはちょっと不便かなと思いました。とはいえ,充電できないよりはマシなので活用させていただきました。21時頃寝ました。

2013年8月11日(日曜日)

7時頃起き,身支度をしてホテルから外出しました。ホテルにいると鼻水が出ることに気付いたので,ローソンに行って次のものを買いました。

  • 6袋ポケットティッシュ
  • トッポ

トッポはまだ前日に買ったものがもう1袋残っていたのですが,念のため補充しました。

朝食をとるため,前日見つけた松屋に行き,定番朝定食(350円)を食べました。

ゆうちょに寄ってお金を引き下ろしました。

twitcamp でお気に入り登録したサークルの座標一覧 PDF ファイルをファミマで印刷しました。

田原町駅から地下鉄銀座線で日本橋駅に行きました。

東京駅で Suica を買いました。10時40分頃まで東京駅近くの建物で Twitter を開いて時間を潰しました。そして昨日と同様東京ビッグサイト行き直通バスに乗りました。バスに乗っている途中,こんな会話が聞こえました(うろ覚え)。「汗は拭かないほうがいいよ。」「ああ,気化熱的なアレな。」「そうそう。それで体温が下がるんだよ。」参考になりました。

コミケ2日目

11時30分頃ビッグサイトに到着しました。前日と違い,この日はバスターミナルにある階段を上ってすぐにコミケ会場に入りました。

コミケ

1日目と比べると人が流れるように移動していて,進みたい方へ進めるようになりました。そのため,私はコミケ2日目にして C84 カタログ(2000円)を購入しました。厚いので重かったです。この日は企業ブースではなくサークルブースに行くことに決めていました。とりあえず人の流れに沿って逆三角形(西棟)から東棟(サークルブース)に移動しました。サークルブースは東1・2・3と東4・5・6で場所が分かれていて,通路を挟んで向かい合っています。とりあえず事前に調べたサークルを回りました。サークルの位置は座標で示されていて,その位置まで移動すればいいのですが,そのためには人の流れに乗りながら移動する必要があります。そうやって頑張って移動した結果,予定していた8サークルすべてを回ることができ,4サークルで新巻を買うことができました。残念ながら,残りの4サークルでは薄い本が完売していて買うことができませんでした。

12時半頃昼食としてトッポを1袋食べました。建物の外で食べたのですが,非常に熱かった(≠暑かった)です。建物の中にいても腕を汗が覆っていました。路上にはいろんな人がいて,座っている人もいれば,歩いている人もいれば,ゆうパックで発送している人もいれば,コスプレの人もいました。

目的も果たしたので,とりあえず帰ることにしました。しかし,帰り道がわからなかったので,会場の周りを歩きました。すると,西棟の逆三角形が見えたので,それに向かう人の流れに乗りました。そして,最初のバス停にたどり着きました。東京駅行きのバスには行列ができていました。バスに人がいっぱいになるまで人が入って行くとバスは出発し,次のバスがすぐにバス停にやってきます。そうやって待っていると自分もバスに乗り込む番になりました。残念ながらこの日はバス内で立つことになりました。カタログも持っていたのですごく重く,数十分重みに耐えるのは少しつらかったです。バスに乗っていると,窓の外で救急車が走っているのを見かけました。たぶんコミケで倒れた人を運んでいたんだと思います。

バスが東京駅に着いたら前日と同様に日本橋駅へ行き,地下鉄銀座線で田原町駅に行きました。バスから降りたあたりからわずかに雨が降り始めました。袋に入れていた戦利品が濡れるほどの雨ではなかったので,傘は不要でした。(できれば欲しかったけど。)

宿泊2日目

浅草に着いたら,まずはローソンに行って翌日の準備をしようとしました。ところが,ポカリが売り切れていました。なので,別のコンビニを探して,ファミマを見つけ,次のものを購入しました。

  • ポカリスウェット
  • ポカリスウェット イオンウォーター
  • 午後の紅茶 レモンティー

そしてホテルに帰還し,自分の部屋に戦利品を置いて,ガジェットの充電などをして,風呂に入りました。この日のコミケ会場は非常に熱く(≠暑く),大量に汗をかいたので,風呂に入ってすっきりしました。その後部屋に戻り,戦利品の整理やネット閲覧などをしました。18時になったら一旦ホテルを出て,夕食を食べに行きました。このときも少し雨が降っていたので,傘が欲しくなりましたが,コンビニでも安くて500円程度なので,傘を買わずに我慢しました。夕食は前日同様松屋に行き,オリジナルカレー並(350円)を注文しました。そのあとはホテルに戻り,MacBook Air でネット閲覧,Twitter,ニコニコチャンネルなどを見て寝ました。

2013年8月12日(月曜日)

7時頃起床し,身支度をしてホテルを出ました。松屋で朝食をとり,地下鉄銀座線で田原町駅から日本橋駅に行きました。この日は平日だったこともあり,電車内にはスーツを着た会社員みたいな人がたくさんいました。東京駅で Suica に1000円をチャージし,10時過ぎまで東京駅付近の建物で Twitter して時間を潰しました。10時過ぎに東京ビッグサイト行バスに乗りました。

コミケ3日目

コミケ最終日です。東京ビッグサイトには11時頃到着しました。さすがに3日目なのでどこに行けばいいかとかも自分でわかりました。

コミケ

この日は気温も前2日より低く,また人も2日目と比べると少なかったです。まずは西棟から東棟への流れに乗り,サークルブースに行きました。2サークル回り,その両方で薄い本を入手できました。

さくっと終わったので,東棟から西棟へ戻り,12時20分頃逆三角形の下で休憩を取りました。前日買ったトッポの1袋目を昼食にしました。3DS ですれ違い通信を消化する余裕もありました。

コミケ コミケ

前日の地獄のコミケと比べると,この日のコミケはイージーモードであったと感じました。

もう特に用はないので,コミケから離脱することにしました。前日同様東京駅行バスに並びました。前日と比べると行列の長さは半分くらいでした。

やっと…夏(コミ)が終わったんやな…(涙目)

秋葉原

とりあえず時間的に余裕があったので,秋葉原に寄ろうと考えました。東京駅から京浜東北線で秋葉原駅に行きました。

14時頃秋葉原に着きました。人生初のアキバです。駅の周辺だけでもかなり特色のある場所だと思いました。駅を出てすぐ先にあるビルのスクリーンにはアニメの宣伝が映し出されていました。西へ進むと電子部品を販売している店があります。また北に向かい合ったところに痛Tシャツやフィギュアなどを売っている店があります。南にはヤマダ電機があります。しかしながら,ヤマダ電機のすぐ近くに Twitter 上で注意喚起されている絵画店があり,その近くを通ったらビラを配られ声をかけられたので,「今急いでますので」と言って逃げました。秋葉原駅とつながっているパン屋さんは至って普通のパン屋さんっぽいですが,店にいる客はオタクばかりでシュールでした。

秋葉原 秋葉原 秋葉原 秋葉原

秋葉原駅から西へ進むと道路があり,信号で車が止まると歩行者が大量にわらわらと渡っていきます。私も道路を渡り西へ進みました。

秋葉原 秋葉原

すぐの場所にマツモトキヨシがありました。店内に入ってみると,地元のマツキヨと違ってアニメ系の絵柄の商品も売っていました。

マツキヨを出てさらに西へ進むと,ゲーセンがありました。私は普段ゲーセンには行かないのですが,今は観光中ということで入ってみることにしました。1F には UFO キャッチャーがたくさんありました。その中で,鹿目まどかのフィギュアがある UFO キャッチャーがあったのでプレイしました。しかし,まどかのところまでアームを動かそうとしても届かず,その手前でアームは止まってしまいました。そして,謎のキャラ(私が知らないキャラ)のフィギュアを引き上げましたwww 上の階に進むと,いろいろな種類の音ゲーがありました。DDR とか,洗濯機みたいな音ゲーとか,Kinect を使った音ゲーとか,太鼓の達人とか,jubeat とか,いろいろありました。

秋葉原

あと,街中にはメイドさんがチラシを配っていて,メイド喫茶の宣伝とかをしていました。

コミケの戦利品も持ち歩いていたので,歩き疲れて,16時過ぎに帰りました。つくばエクスプレスで秋葉原駅から浅草駅に行きました。

宿泊3日目

宿泊最終日です。物を部屋に置いて,風呂に入って,Twitter やって,18時に夕食を食べに松屋に行きました。その後はネット閲覧するなどして21時には寝ました。

2013年8月13日(火曜日)

東京滞在最終日です。7時に起床し,身支度をしました。コミケの戦利品や着替えなどを持ってホテルをチェックアウトしました。松屋で朝食をとり,つくば EX で浅草駅から秋葉原駅に行きました。

秋葉原

\(^o^)/あーきはーばらー!

8時30分頃アキバに着き,コインロッカーに着替えやコミケ戦利品を入れて,早速アキバを満喫しようとしました。ところが,前日と様子が違います。人が全然いません。スーツを着たサラリーマン的な人ばかりです。よく見てみると,店がほとんど閉まっています。どうやら,店が開くのは10時を過ぎてからのようです。それまで Twitter を見たり,街中を歩いたり,コンビニに入ったりして,時間を潰しました。

秋葉原

10時になると店が開き,人も増えてきて,にぎやかな秋葉原がやってきました。相変わらず街中にはアニソンが流れていて,アニメやエロゲの広告が張り巡らされていて,まるで別世界にいるような感覚でした。

秋葉原 秋葉原

駅から西の道路に沿って北へどんどん進んでいきました。途中,人がたくさん入っているドンキホーテを見つけたので入りました。普通のドンキホーテと違って,中にはアニメ系のグッズがたくさんありました。店内 BGM もアニソンで,ラブライブの「夏色えがおで1,2,Jump!」とか,むろみさんの「七つの海よりキミの海」とか,その他いろいろ流れていました。まさかドンキホーテでテンション上がるとは思いもしませんでしたよ。とりあえずここでお土産とか買っておきました。レジの店員さんもメイドさんでした。

秋葉原 秋葉原 秋葉原

秋葉原は歩いているだけで楽しい✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌まさに楽園です。他の地域にもあるようなお店(コンビニとか雑貨店とか)もアキバではオタクが喜ぶような萌え系の商品が並んでいます。BGM も趣味に合い,居心地がいいです。ファンタジスタドールの「DAY by DAY」とかロウきゅーぶSSの「Get goal!」とか流れてて,アニソンが聞こえる街があるなんてすごいと思いました。

秋葉原 秋葉原

しかしながら,新幹線の予約をしていたため,12時頃コインロッカーから荷物を取り出し,泣く泣く秋葉原を離れ,京浜東北線で東京駅に行きました。

新幹線

地獄の東京駅に戻りました( ◞‸◟)楽しい秋葉原とは打って変わって面白くもなんともないと感じました。しかしながら,頼まれたお土産を買うために時間に余裕を持って来る必要がありました。お土産屋さんを見つけ,頼まれたお土産を買ったのはいいものの,なんと空き時間が1時間以上空いてしまいました。それならもうちょっと秋葉原を満喫していればよかったです( ◞‸◟)重い荷物を持って休む場もなく東京駅で帰りの新幹線を待ちました。13時末頃,帰りの新幹線がやってきて,ようやく重い荷物を置いて休める状態になりました。

新幹線に乗っている間にこの4日間のことを日記にまとめようと FC2 ブログ管理を開き,日記を書き始めました。日記を書いて2時間くらい経過し,2日目まで書き上げたと思ったら,突然画面が切り替わり,ログイン画面に戻され,それまで書いていた日記がパーになりました(☝◞‸◟)☝もういいや。諦めよう。そう思いました。

コミケ戦利品とアキバ土産

お土産 お土産 お土産 お土産 お土産 お土産 お土産 お土産

感想

コミケは大変でしたけど,今までその実態を知らなかったので,いい体験ができたと思います。一度実物を見たので,次に来るときは何をすればいいかとかは大体把握しました。そのうえで,今回失敗したなぁということをまとめます。

  • 事前の準備を1ヵ月以上前からするべきでした。
  • クリアファイルなどを持ってくれば良かったです。
  • そもそもいきなり夏コミというのがレベル高すぎました。最初は地方の同人誌即売会,次に冬コミ,次に夏コミ,とステップアップするのが理想です。

秋葉原は最高に楽しかったです。コミケは大変でしたが,アキバはただただ楽しかったです。

東京は田舎と違ってどこに行っても人がたくさんいます。3DS のすれ違い通信も,1時間もしないで10人以上とすれ違います。歩いていると,体がぶつかって「すみません。」「こちらこそすみません。」といった感じに会話も生じます。田舎だとこういったことがなく,私みたいな人だと家にこもってインターネットするくらいしかできないのです。たぶん,私は都会で生活したほうが人間的に成長するのかなぁと思いました。

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://rexpit.blog29.fc2.com/tb.php/121-2ef9abaa
最新記事
最新コメント
FC2カウンタ
欲しい
最近買ったもの
Amazon 検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。