ロコリンの雑記

アニメ大好き社会人のロコリンのブログ。2015年卒(修士)の社会人。学生時代(2010年)から続けてるブログなのでエントリによっては学生ブログと社会人ブログになっています。時系列から察して。
 
 
このブログについて
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

ロコリン

Author:ロコリン
2018年6月から会社員。2015年3月まで大学院生でした。
趣味:アニメ/Twitter/ゲーム/ニコ動
今(2015年2月更新):プリキュア/プリパラ/アイカツ/ごちうさ/艦これ

外部リンク
Twitter

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wiiリモコン修理 

発売日 (2006年12月2日) に買ったWiiに付属のWiiリモコンが使い物にならなくなったので任天堂のサポセンに修理してもらいました。今回初めて修理に出したので、修理の流れを紹介します。

まず、任天堂ホームページ内にある「修理のご案内」というページに行きました。任天堂ホームページのトップページから「サポート情報・その他」→「修理のご案内」と進めるとよろしいです。注意事項などをよく読んだ上で、手順を参考に申し込みを行いました。
手順1 お客様情報および修理依頼情報を入力
「オンライン修理受付はこちら」というリンクをクリックし、任天堂からのメールを受け取るためのメールアドレスを入力しました。すると、任天堂からオンライン修理受付ページのURLが書かれたメールが送信されました。
受付ページでは、お客様情報と修理依頼情報を入力しました。修理依頼情報の必須入力事項はご依頼品、保証書の有無、見積もり連絡の金額設定、故障の症状でした。私は保証書ありでやりました(保障期限は切れている)。見積もり金額設定は、「見積金額が 3500円(税込)をこえない場合は見積もり連絡は不要」を選びました。症状については自分がわかっている限りの情報を詳しく書きましたが、今思えばそんなに詳しく書く必要もなかったかもしれませんw
記入した情報を送信したら、修理お申し込み番号を受け取りました。この時点で修理お申し込み番号が書かれたメールが送られています。修理依頼表を印刷することができるので、プリンタがあれば印刷、プリンタがなければ紙に書いておきます。
手順2 修理品を送る
実を言うと、郵便物の発送も今回が初めての筆者でありましたw
適当なサイズのダンボール箱を用意し、Wiiリモコン、修理依頼表、保証書をダンボールに入れ、一応新聞紙もくしゃくしゃにして入れて、ガムテープでダンボールを閉じました。
私は学校の近くにある郵便局でこれを任天堂のサポセンに送りました。送料は390円でした。
手順3 修理品の到着・受付
手順4 お見積もりおよび修理
手順5 修理完了品の発送
これら (手順3~手順5) は任天堂側が行う操作です。それぞれのイベント発生でメールが送信されます。ただし、私の場合は見積もり金額が設定した金額を超えなかったため、すぐに修理が始まりました。
発送はヤマト運輸の宅配便で行われました。送料は任天堂が負担し、修理代は代引きとなります。修理代についてはメールに記載してあります。ちなみに、Googleで「[宅配会社名] [伝票番号]」と検索すると、宅配情報を見ることができます。例えば「ヤマト運輸 ****-****-****」など。
手順6 お受け取り
私が学校に行っている間に親が受け取ってくれたようです。修理代は1500円でした。
ちなみにこのやり取りは次のような日付で行われました:
日付 やり取り
2010/05/25 オンライン修理申し込み
2010/05/26 私が任天堂に修理品を発送
2010/05/31 修理品が任天堂に到着
2010/06/01 修理完了、任天堂が私に修理完了品を発送
2010/06/03 修理完了品が私の家に到着
つまり、任天堂は修理品到着から1日で修理完了品を発送したのです。対応早っw 「任天堂のサポートは神対応」という噂はゲハ*1を中心によく聞きますが、確かに噂どおりだと思いました。

修理前のWiiリモコンはこんな感じでした:
修理前のWiiリモコン (表) 修理後のWiiリモコン (裏)
写真じゃわからないかもしれませんが、手垢や指紋が大量に付いていて、到底人に見せられたものではありませんでした。(「なら載せるなよ」って話ですけどw)

修理後のWiiリモコンはこんな感じ:
修理後のWiiリモコン (到着)
ダンボールにはWiiリモコン、保証書(Wiiの説明書)、修理明細票、修理依頼書(新品)、新しいWiiリモコン専用ストラップ (T-RVL-A-ST-JPN) の説明書が入っていました。
Wiiリモコン専用ストラップの比較
Wiiリモコン専用ストラップの比較。止める機構が変わりました。あと、一番目立つのは、古いストラップはすごく黄ばんでるなぁw ってことですねw
修理後のWiiリモコン (裏) 修理後のWiiリモコン (表)
Wiiリモコンの電池蓋には、以前はなかったシールが貼ってあります。

で、結果的に新品になって帰ってきたということです。新しく新品を買うよりは2000円近く安く済みました。アルバイトをしていない私にとっては2000円の差は大きいです。

*1 ゲハ
2ちゃんねるの「ハード・業界」掲示板。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://rexpit.blog29.fc2.com/tb.php/11-e5c2f039
最新記事
最新コメント
FC2カウンタ
欲しい
最近買ったもの
Amazon 検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。