ロコリンの雑記

アニメ大好きニートのロコリンのブログ。2015年卒(修士)の社会人。学生時代(2010年)から続けてるブログなのでエントリによっては学生ブログと社会人ブログになっています。時系列から察して。
 
 
このブログについて
ブログ内検索
カテゴリ
プロフィール

ロコリン

Author:ロコリン
2017年4月から会社員になる予定のニート。2015年3月まで大学院生でした。
趣味:アニメ/Twitter/ゲーム
今(2015年2月更新):プリキュア/プリパラ/アイカツ/ごちうさ/艦これ

外部リンク
Twitter

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BTOデスクトップPCを買いました 

ドスパラでBTOのデスクトップPCを買いました。

買おうとした経緯は、以前まで使っていたPCが古くなったからです。7年間使っていたWindowsノートPCが遅くなってきたので、そろそろ新しいパソコンを買おうかなと思っていました。世間ではパソコンの寿命は3〜5年と言われている中、かなり長持ちしているほうだと思います。しかも、まだまだ使用可能なので、古いノートPCも何らかの形で使い続けるでしょう。

注文を決定するまでに、いろんなページを見て調べましたね。次買うならノートPCとデスクトップPCどっちがいいか、BTOならどこの店で買うか、CPUやGPUの型番でどう違うのか、電源ってどんな条件ならいいのか、グリスとかファンが違うとどうなのか、…などなど。

このたび購入したBTOデスクトップPCは次のような構成になっています。

CPU
Intel Core i7-6700 (Quad core/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
GPU
NVIDIA GeForce GTX 1060
RAM
16GB DDR4 SDRAM (PC4-17000/8GBx2/Dual-channel)
SSD
Crucial SSD 480GB BX200 Series
HDD
SATA3 1TB HDD (SATA 6Gb/s対応)
Motherboard
Intel H170 Chipset
OS
Microsoft Windows 10 Pro
電源
Owltech 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)
光学ドライブ
Write BD-RE Drive
Case
EA041
LCD
BenQ GW2270 (1920×1080/21.5inch)
保証
2年延長保証(本体価格の6%)
商品名
Monarch XT
販売会社
ドスパラ

これで料金は合計203,475円になりました。内訳は、PC本体(2年延長保証込み)が190,515円、LCDが10,800円、梱包送料が2,160円です。

注文した日は7/28で、発送されたのは7/30でした。送り先は実家だったので、せっかくPCが届いたのに夏季休暇で実家に帰省するまでお目にかかることができませんでした(◞‸◟)

8/10に勤務地を出発し、8/11の朝に実家に到着しました。しかし、部屋がすごく散らかっていて、すぐにはPCを広げることができませんでした。なので、部屋のものを捨てたり寄せたりして、夜にようやくPCを起動しました。

本体正面 本体裏面 LCD正面 LCD端子 配置してみた

8/12にニトリでメタルラックを買ってきて、夜に組み立てました。

メタルラック

初めてのWindows 10なのでスクショも撮ってみました。高性能なパソコン買ってもやることが2次元的ですね(呆れ)

Desktop

これだけ充実したPC環境を構築できましたが、残念ながらその恩恵にあずかれるのは実家に帰省した時だけなんですよね(◞‸◟) 実家と勤務地は非常に遠く、簡単に行き来することができません。はぁ、実家に近いところに転勤になるか、転職したいですね。

2016/08/15追記 設定変更

デスクトップPCでWindowsを利用する際に絶対にやっておくべき設定変更を書きます。(随時更新するかも。)

スリープしてるのに夜中に勝手に起動するのを止める

寝る前はPCの電源を切らずにスリープするのですが、夜中に突然スリープから復帰して電源が入ることがありました。これで起こされてはたまったものではないですし、寝ていたとしても無駄な消費電力がかかると思うといい気持ちはしません。

なので、電源オプションの各電源プランで「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更」で詳細設定を開き、「スリープ」→「スリープタイマーの許可」を無効に設定しました。

あとは、タスク スケジューラ (Taskschd.msc) で「タスクを実行するためにスリープを解除する」にチェックが入っている項目のチェックを外しました。

あとは、グループ ポリシー エディター (gpedit.msc) で「Windows Updateの電源管理を有効にして、システムのスリープ状態が自動的に解除され、スケジュールされた更新がインストールされるようにする」を無効にしました。

(2017/03/03追記)これだけやってもなぜか午前2時頃にPCが起動してしまうので、コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下のコマンドで原因を調べました。

C:\WINDOWS\system32>powercfg /lastwake
スリープ状態の解除履歴カウント - 1
スリープ状態の解除履歴 [0]
  スリープ状態の解除元カウント - 0

C:\WINDOWS\system32>powercfg -devicequery wake_armed
NONE

C:\WINDOWS\system32>powercfg -waketimers
[SERVICE] \Device\HarddiskVolume3\Windows\System32\svchost.exe (SystemEventsBroker) によって設定されたタイマーは 2:57:44 (2017/03/04) で有効期限が切れます。
  理由: Windows は、スリープ状態の解除を要求したスケジュールされたタスク 'Maintenance Activator' を実行します。

原因がわかりました。Maintenance Activator です。[コントロール パネル] → [システムとセキュリティ] → [セキュリティとメンテナンス] と進み、「メンテナンス(M)」を開いて「メンテナンス設定の変更」をクリックしました。「スケジュールされたメンテナンスによるコンピュータのスリープ解除を許可する」のチェックボックスはオフになっていましたが、一旦オンにして「OK」し、また開いてチェックボックスをオフにして「OK」をクリックしました。この結果、次のコマンドを実行したらこうなりました。

C:\WINDOWS\system32>powercfg -waketimers
システムにアクティブなスリープ解除タイマーがありません。

これで一件落着?

Windows Updateによって自動で再起動されるのを止める

グループ ポリシー エディター (gpedit.msc) を開き、「ローカル コンピューター ポリシー」 → 「管理用テンプレート」 → 「Windows コンポーネント」 → 「Windows Update」の中にある「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」を有効にしました。

参考文献

スポンサーサイト

一陸特(第一級陸上特殊無線技士)の免許が届きました 

一陸特従免

第一級陸上特殊無線技士(以下「一陸特」)という国家資格を取得しました。2回目の受験で合格しました。

1 この資格について

この資格は無線従事者資格のうちの1つです。無線従事者にはいろんな種類がありますが、大きく分けると業務用とアマチュア用があります。業務用はさらに大きく分けると通信操作用と技術操作用があります。一陸特は業務用の技術操作用の資格になります。

この資格には上位資格と下位資格があります。上位から順に一陸技>二陸技>一陸特>二陸特>三陸特となります。名前が似ていますが、陸技(陸上無線技術士)と陸特(陸上特殊無線技士)では難易度に圧倒的な差があります。上位資格では下位資格の操作もできるので、できるだけ上位資格を取った方がいいですが、受験コストとの兼ね合いで自分に合った難易度の試験を受験したほうがいいでしょう。(まあ仕事でどうしても上位の資格が必要ならそれを目指すしかないですが。)

一陸特の操作範囲は、「陸上の無線局の空中線電力 500 W 以下、周波数 30 MHz 以上の電波を使用する多重無線設備の技術操作」と、二陸特の操作範囲です。二陸特の操作範囲は、ごちゃごちゃと長いので省略しますが、レーダーとかVSATとか、あとは三陸特の範囲もですね。三陸特の操作範囲は陸上移動局とかですね。

具体的にはどんな場面で一陸特が使われるかというと、身近な例だと携帯電話等の基地局で必要とされますね。なので需要は多少ありますね。ちなみに私の今の仕事でも使いますが、どんな仕事をしているかは秘密だよ(全国放送)。

この資格(一陸特)を取る方法は複数ありますが、大抵の人は国家試験を受験して取得するしかないですね。まあそこまで難しい試験ではないので、必要となってから取得しても遅くないです。あとは、大学の電気系・通信系学科で所定の単位を修得して卒業した人ももらえるらしいですね。なお、講習で取得する方法もありますが、受講資格に制限がある上に料金もお高く日数も長いので非現実的ですね。

2 受験申請

受験申請は2016年4月にインターネットでやりました。日本無線協会のホームページで手続きをし、ゆうちょ銀行のATMから振替払込用紙を使って受験料を支払いました。後日受験票が届きますが、証明写真(横24mm×縦30mm)が必要になるので撮りました。

無線従事者国家試験の試験会場は一部の都道府県にしかないので、お住まいの地域によっては前泊が必要ですね。私はたまたま試験会場のある都道府県に転勤となったので受験しやすかったです。

また、今回は試験日が平日だったので、年次休暇を消費する必要がありました。

3 受験勉強

受験勉強については、私は1〜2ヶ月程度ちょっとずつやりました。正直受験勉強はそんなに苦労しませんでした。仕事が終わったらアニメ見てTwitterやpixivで絵師さんのイラストを保存して、飽きたら参考書や問題集を見て解いてみて、飽きたらまたネット見て…という感じです。勉強は嫌いなので、やりたくない日とかはなるべく「5分だけ本を開くんだ」と自己暗示して読む努力はしました(まったく勉強しない日もありましたがwwww)。

なお、私は国立大学理系学部卒、同大学院修士了で、一陸特の無線工学に出てくる高校程度の数学に苦手意識はありません。そういう背景もあり、理系じゃない人が苦手とするデシベル計算などもまったく苦戦しませんでした。計算問題以外も、勉強したことがない分野でも割と直感で当たることが多かったです。

逆に、私は法規が苦手でした。これは勉強しないと解けないですね。

ちなみに、私は2016年2月7日にも一陸特を受験しましたが、無線工学は18問正解(15問以上正解で合格)していたのに、法規は8問以上正解しないといけないところ7問しか正解できずに落ちました。なので、今回は法規に重点を置いて勉強しました。

4 試験本番

2016年6月9日に年次休暇を申請して一陸特の試験を受験しました。午前の試験で、試験時間は9:30〜12:30の間に法規(12問)と無線工学(24問)を両方ともやる感じでした。

まずは法規の問題から手をつけたのですが、早速一度も見たことがない条文からの問題が出てきて、「受験勉強無駄だった〜(絶望)」「今回も落ちる〜(落ちたな確信)」と絶望しました。仕方がないので、こういうのはないよなとか、こうであるべきだよなとか、知らないなりの悪あがきをしました。

次に無線工学に手をつけました。こっちはすらすらと解けました。楽勝でした。

全体を一通り解いたら、残り時間も2時間以上残っていたので、法規を見直しました。やっぱりわからん。知らないからわからん。でもこれはこっちのほうがいいかな。…という感じで悪あがきをして、残り時間1時間くらいになると、もはやこれ以上回答が変わる見込みがなかったので、途中退室しました。問題用紙は持ち帰ることができたので、自己採点に使いました。

5 合格発表

2016年6月24日、日本無線協会のホームページ上で合格者の受験番号が公開されました。その結果、私の受験番号が載っていて、合格が確定しました。

ちなみに、2016年6月14日の時点で模範回答が掲載されたので、自己採点したところ、結果は次のようになっていました。

科目 得点 / 満点
無線工学 21問 / 24問
法規 9問 / 12問

法規ギリギリですねwwww

合格基準は各科目60%以上正解することです。無線工学は全24問なので15問以上、法規は全12問なので8問以上正解で合格です。つまり、法規は4問までしか間違えられず、1問のミスが合否を左右します。

6 免許の申請

合格しただけでは無線従事者免許はもらえないので、申請をしました。総務省のホームページから申請書類をダウンロードして、必要事項を記入しました。

免許には顔写真(横24mm×縦30mm)を載せる必要があるので、証明写真を撮りました。

免許申請には1750円分の収入印紙が必要なので、郵便局で買いました。ついでに封筒(長形3号)2枚と82円切手2枚も買いました(申請書の郵送と、返信用封筒として)。封筒は百均で十分です。

初めて無線従事者免許等を申請する場合、氏名と生年月日の証明のために住民票が必要となるので、市役所で住民票をもらいました。

7 免許受け取り

2016年7月13日、返信用封筒で無線従事者免許証が届きました。

一陸特従免

ホログラムが綺麗ですね(写真で伝えるのはちょっと難しいけど)。見る角度を変えるとホログラムの見える範囲が変わってくるんですよね。一番目立つのは富士山で、花模様が散りばめられ、「JAPAN 日本国」や「日本国 総務省」などの文字がホログラムで描かれています。

参考文献

  1. 公益財団法人 日本無線協会:電波と無線従事者
  2. 一陸特に合格したら - 過去問分析で陸特絶対合格 <法規対策>

いつの間にか114514アクセス超えてた(・_・) 

このブログにはアクセスカウンタが付いているのですが、2016年5月16日の22時〜24時くらいに誰かが114514ヒットを踏んでくださったみたいです。報告がないあたり踏んだ人は気付いていなかったようですね。残念(◞‸◟)

とりあえず祝114514アクセス。最近全然更新してないですが、なぜかアクセスが途切れる日がほとんどないです。傾向としてはなぜか平日のアクセスが多く、土日祝日や休暇シーズンなどはアクセスが少ないようです。まああまり娯楽系の記事が少ないからね、しょうがないね。

イキスギィ!イクイクイク…ンアッー!(≧Д≦)114514!胸にかけて胸に!( 'ω')ファッ!?

2015年を振り返る 

114514ヶ月ぶりにブログ更新してみます。しばらく諸事情でブログを更新できなかったのですが、これからも可能ならブログを書きたいですね。

今年の流れ

今年(2015年)の流れはこんな感じです。社会人1年目です。

  • 3月:大学院(修士)を修了、そのまますぐ就職(引っ越し)。
  • 3月〜7月:きつい新人教育を受けた。
  • 7月〜12月:自分の職種の教育を受けた。
  • 12月:現場配属(引っ越し)。

実家に帰ったのは(1)ゴールデンウィーク(4月末〜5月頭)、(2)夏季休暇(8月中旬)、(3)シルバーウィーク(9月下旬)、(4)年末年始休暇(12月末〜翌1月頭)だけでした(◞‸◟)

思ったこと

  • 学生時代と比べて自由な時間がない。お金の心配はない。
  • 実家から離れると家が恋しくなる。けど知らない土地での生活は人生経験でプラスになった。(でもいつか地元に帰りたい。)
  • 給与と手取りの違いがわかった。年末調整というのがあるのもわかった(特殊な条件では年末調整じゃなくて確定申告を自分でやる必要があるけど私には関係ない)。
  • しばらくパソコンが使えなくていろいろつらかった。帰省した時に一気にTwitterやpixivで拾った画像を保存した。
  • ゲーム機があっても遊ぶ気力がない。遊びたいのに。
  • アニメは毎週見てればなんとかついていける。

今年買ったガジェット

  • nasne(ネットワークを介して使う録画機)

あっ、ブログ書くの結構大変www久々に書いたから忘れてたけど1つのエントリ書くのも結構時間かかるんですよねwwwwwちょくちょく書いていこうと思うのでこの辺で編集やめよ<(^o^)>┌┛’,;’;≡三[エントリ]

大学院博士前期課程を修了した 

今日、大学の卒業式に出席し、修士(工学)の学位が授与されました。

1 卒業式について

学部と同じ大学なので、卒業式の流れは把握していました。だから、Go!プリンセスプリキュアを見てから会場へ出発しました。予定では私の到着時刻は受付終了時刻を過ぎるはずでしたが、予想通り問題なく受け付けできました✌('ω') 卒業式開始時刻には間に合っていたので遅刻ではないです。(遅刻では)ないです。(大事なことなので2回言いました。)

卒業式・修了式はやっぱり立ってお辞儀して座るの繰り返しでしたwwww

そのあと学部・研究科の後援会主催の祝賀会に出席して無料で昼飯を食べました。学部卒業時と違って同級生や後輩と話しました。きりのいいところで抜けて帰りの列車に乗って帰りました。

2 修了により得た重要書類

修了により下記の重要書類を受け取りました。

  • 学位記
  • Certificate of Degree Conferred
  • 大学院の修了証明書、学部の卒業証明書
  • 大学院と学部の成績証明書
    • 大学院での取得単位数30単位(学位取得に必要な最小単位数wwww)
  • 教育職員免許状

これにより下記の学位と資格が授与されました。

  • 修士(工学)
  • Master of Engineering
  • 高等学校教諭専修免許状(工業)
    • 有効期限の満了の日: 2025年3月31日。

3 大学院生活を振り返る

大学院生活2年間は大きく分けて授業、研究、就活、修論でした。

M1前期で修士修了に必要な授業の単位をすべて取りました。レポートとかプレゼンとかが重なって結構きつかったです。そのかわり、M1後期からは授業がなくて楽でした。

研究はM1の9月から11月にかけて本腰を入れてやった感じですね。計画を立てて道具を実装(プログラミング)して実験した感じです。学会発表もいくつか行いました。学会発表は研究者の出張ですね。

就活(就職活動)はM1の12月から始めてM2のほとんどを費やしたので、一番つらかったですし、これが大学院生活のほとんどになってしまいました。元々は漠然と民間企業で働こうかなと思っていましたが、私の場合は適性検査やグループディスカッションなどの序盤の選考で落とされまくりました。M2の5月にようやく民間企業1社から内定をもらいましたが、就活は継続しました。7月にとある公務員に出会い、11月に公務員試験に合格しました。つまり内定は合計2個になります。私の慎重な選考の結果、民間企業の内定を辞退し、公務員になることにしました。

修論(修士学位論文)はM2の10月から本格的に書き始めました。私はLaTeXで書きました。まずは理論と作図を、次に追加で実装と実験を行いグラフを挿入し、最後に結論や序論などの文章を書いて、翌1月に提出しました。

4 今後について

さて、無事大学院も修了し、就職も決まっているわけですから、就職先で頑張るしかないですね。つらいことも多いと思いますし、辞めたくなることもあると思いますが、そこはぐっとこらえて、乗り越えていきます。あとは、人生を楽しみたい、素直にそう思います。

関連記事

最新記事
最新コメント
FC2カウンタ
やりたいゲーム

艦これはやってる

神姫PROJECT かんぱに☆ガールズ オンラインゲーム ロードオブワルキューレ オンラインゲーム
欲しい
最近買ったもの
Amazon 検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。